Our History

わたしたちの歴史

大垣の地で120年近い歴史を誇る錦之堂インターナショナルの、時代を見越した進化の歴史を、世の中の出来事とともにお伝えしてまいります。

動画

創業

明治から大正、昭和という激動の時代を生き抜いてきた旧・錦之堂は、当初個人事業として唐木の古美術商として創業しました。

1903年(明治36年)

渡辺富次が古美術商として、水の都・岐阜県大垣市(現在の所在地)にて「錦之堂」創業。主に唐木の美術品を販売。

  • 小村寿太郎らによって日露交渉が開始
  • ライト兄弟が人類初の動力飛行に成功

1945年(昭和20年)

大垣空襲で建物などすべてが焼ける

  • 第二次世界大戦終結

事業転換

戦後の高度経済成長期に合わせて洋家具販売への事業転換を実現。これが現在の事業へとつながっていきます。

1948年(昭和23年)

古美術商から時代の需要を見越して、洋家具販売へ事業転換する。屋号を「錦之堂 家具のワタナベ」に変更。

  • 片山内閣総辞職
  • 福井地震発生
  • 芦田内閣総辞職
  • 極東国際軍事裁判の判決が下る

1977年(昭和52年)

「株式会社錦之堂」として株式会社化。

  • 王貞治選手がホームラン世界新記録の756号を達成。国民栄誉賞第一回目の受賞者に。
  • 白黒テレビ放送が廃止
  • リニアモーターカー、世界初の浮上走行に成功

1986年(昭和61年)

輸入家具部門を設立し、スペイン家具の輸入販売を開始。

  • バブル景気と呼ばれる好景気が始まる
  • 「ドラゴンクエスト(ゲームソフト)」発売
  • 「写ルンです」発売

そしてメーカーへ

古美術商、家具の販売とこれまで一貫して小売事業を営んできましたが、市場を見極めてメーカーへと転身します。しかし、メーカーとなってからも小売目線、いわゆるマーケットインで商品を作ります。それは、他のメーカーとは一線を画すものでした。

1994年(平成6年)

小売業からメーカーへ転身。「株式会社 錦之堂インターナショナル」と社名変更。
東南アジアの家具輸入(ゴム材・パーム・ラバーウッド)を開始するとともにタイの現地メーカーへ出資し、OEMを開始。

  • 細川護熙首相が辞任
  • 名古屋空港で中華航空140便墜落事故
  • オウム真理教によって松本サリン事件発生

1999年(平成11年)

資本金を1500万円から4800万円へ増資

  • iモードサービスがスタート
  • 松坂大輔投手がプロ初登板
  • 石原慎太郎氏が東京都知事に

2001年(平成13年)

タイに現地法人設置

  • 小泉内閣が誕生
  • アメリカ同時多発テロ事件発生
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)開業
  • 東京ディズニーシー開園
  • AppleがiPod発表

2004年(平成16年)

中国広州工場設置

  • プロ野球再編問題が浮上
  • イラク・サマワに自衛隊派遣
  • アテネ五輪開催
  • 拉致被害者が一部帰国
  • イチロー、大リーグの年間最多安打記録更新

2009年(平成21年)

九州営業所設立

  • 民主党が政権獲得
  • GM、クライスラーが経営破綻

2012年(平成24年)

関東配送センター、北海道配送センター設置

  • 自公が政権奪還
  • 京都大・山中教授にノーベル医学生理学賞

2017年(平成29年)

東京営業所設立

  • アメリカ、トランプ政権発足
  • NYダウ、24000ドル突破

2018年(平成30年)

関連会社「株式会社PREVO」設立

  • 米朝が初の首脳会談
  • 日産・ゴーン会長逮捕